読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーボーママの在宅ライター備忘録

待機児童を抱える主婦×在宅フリーライターです!ライター業のこと、子育てのこと、ランサーズのことetc.▼お仕事は随時受付中です!hataguchi424あっとgmail.comまでお問合せください▼

ひとりで銭湯の幸せを噛み締める。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTEL86_daiyokujyou20150125014514_TP_V.jpg

ぱくたそ

 

子供ができるまでは、ものすごいスパンで銭湯に行っていました。

 

なんのために入っているんだか、よくわからないけれど、

灼熱のサウナで全身の毛穴から、得体の知れない「悪いもん」が流れ出す感じ。

あれが好きなんですよ。

 

あと、銭湯から上がって飲む、生ビール。最高。

悪いもんをカラダから流しだして、またお酒を飲む矛盾感。最高。

そのまま喫煙ルームにいって、のんびりビールを飲んでタバコを吸うです。ああ、最高。

 

ひとりだからできる、至福のひとときです。

一週間に1回でいいので、ひとり銭湯させてもらえれば、お仕事の効率も上がると思うんですよね。

思い返してみれば、小さいときから銭湯や温泉が大好きです。

我が地元、岡山には川湯(川沿いにある露天風呂)があったり、池田藩が疲れを癒やしていた秘湯があったり。

温泉好きにはおすすめしたいです、岡山。

 

小さい人との生活で、制限されることは多々ある。

例えばお仕事もそうだし、お出かけも。あとは夜遊びと美容室かな。

だけど、その分、こうやってひとりで出かけれる時間の幸せが倍増しているような。

制限されるっていうと、ネガティブかもしれないけれど、

ずっと続く訳ではないし、私んちは娘なので、老後はきっと旦那とふたりだ。

 

期間限定の制限に、歯がゆさを感じながらも、

歯がゆさ以上に「ひとりの時間のありがたみ」みたいなのもあるんだし。

子育てが終わってしまったら終わってしまったで、寂しさも感じるんでしょうね。

ないものねだりって標準装備されているのかも。

 

そういえば、とある企業さんとお話していて、

 

フリーライター以外だったら何がしたい?一緒に働いたとしたら、どんなことがしたい?」

と、お話していて、そのときは

 

「う~ん。今の現状では働きに出るってことが難しいけれど…

こういうことはやってみたいかな。」

と答えた。

 

お話が終わって、ひとりで考えていたら、

そういうのも楽しそうだな!アリだな!という気持ちになっていた。

 

フリーランスにこだわっているの?」と聞かれるけど、

そんなこともないような。

現状がフリーランスという働き方に合っているだけなんですよね。

おもしろいこと、考えていきたいな。20年後の自分がやりたいことは、地元にあるんです。

 

ずっと思っていたけれど、あやふやだったあれこれに、色をつけよう。

 

また来週も銭湯に行けるように、ぼちぼちやろう。ぼちぼちね。