読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーボーママの在宅ライター備忘録

待機児童を抱える主婦×在宅フリーライターです!ライター業のこと、子育てのこと、ランサーズのことetc.▼お仕事は随時受付中です!hataguchi424あっとgmail.comまでお問合せください▼

ランサーズに登録して4ヵ月目の月収が28万円になった私が気を付けていること。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HW20160708152415_TP_V.jpg

 

ぱくたそ

 

 

先月、途絶えていた継続案件や単発のお仕事のご依頼がドドーンと重なって、月収が36万円(手取りにすると28万円。盛りました、ごめんなさい。)を超えました。

 

偶然にも依頼が重なっただけなので、不安はまだまだありますが、20万円ペースを維持したいと思ってるボーボーです。

 

最近、お友達にランサーズのコツをメールしたのですが、ボリューミーなメールになったのでリライトしてみました。

 

「聞きたくないやい!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、

 

「子育て主婦がクラウドソージングに挑戦!登録4ヵ月目、月収36万円を達成できた秘訣」

 

こんなタイトルにしたら続きを読みたくなると思います。私のことは忘れてください

 

そしてこの結果がまぐれだとしても、クラウドソージングに挑戦したい!という人の役に立てばいいなと思っているのでまとめてみます。

 

 

それでは続きはメルマ(ry

 

嘘です。

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 ■プロジェクト方式でお仕事を受注するには提案が命!

 

ランサーズのようなクラウドソージングサイトでお仕事をゲットするには、提案をしなければなりません。

 

文字単価が高くて、優しいテーマのお仕事には応募が集中しますが、

実績数が少ないから…といって、ここで諦めてしまうのはもったいないです。

自分が書けるテーマであればガシガシ提案します。

 

誰だって最初は実績0でスタートしているからです。

 

 

実績数の多い人がいても、採用されることがあれば、実績数が自分より少ない人が採用されることもあります。

実績数だけが判断基準じゃありません。

 

もし提案が不採用となっても、自分に足りなかった点を考えるキッカケになりますし、悔しぃいいいい~!!!!!となるので、欲しいお仕事にはどんどん提案しましょう。 

 

判断基準となるのは実績数の他に…

 

▼プロフィール欄

 

・プロフィール写真はちゃんと設定しましょう。

顔の見えないやり取りだからこそ、顔写真の方が説得力があるのかもしれませんが、盗用されたら…って不安な人は、なるべくオリジナリティーのあるアイコンを設定しましょう。

アプリで自分のオリジナルアイコンや画像が作れますし、シルエットだけでもいいと思います。顔出しできる方はしっかりと光を取り込んで、なるべく良い人に見える写真を撮影するといいかもです。

※ちなみに私は美肌アプリで撮影した顔写真を使っています。あくまでイメージなので

 

・自分がどんな人かわかるプロフィールを記入しましょう。

自分がどんな人でどんなことができるのか…。

ありとあらゆるアピールポイントを無理矢理にでも探します。

私の場合、学歴も社会人経験もないので、性格は楽天的で~とか、小学生のプロフィール帳に書くようなことも書いています。

 

短期の派遣アルバイトなどもしていたので、社会人経験はなくとも職歴は豊富なので、自分が経験したことのある職業も隅々まで…。

 

普通の就職面接のときには、デメリットになるかも…って伏せてしまう「水商売」の経験も書いています。大丈夫かしら…と、恐る恐る掲載しましたが、水商売に関する案件も、ときたま募集がかかっていますし、その職業に特化した直接依頼を受注したこともあります。

趣味や好きなこと、資格や特技も忘れずに。

 

記号や空白行、箇条書きなどを用いて見やすいプロフィールを作りましょう。

 

▼評価

 

実績数が少ないと、評価数も少なくなってしまいますよね。

認定ランサーの基準である4.8評価以上はキープしておきたいところです。

5に近ければ近い方が好印象ですが、数値だけでなく、評価のコメント欄が充実していると更に良し。です。

 

「有難うございました。」だけの評価が10の人より、

 

「ご依頼して正解でした!スピードも質も言うことないです。また次回もご依頼したいので、ぜひ宜しくお願いします。」

 

みたいな評価が8の人の方が、どんな仕事するんだよこいつ…!!!って、気になると思います。

 

▼提案文

 

とってもとっても重要です。

 

自分がどんなことが出来るのかだけでなく、何でこの案件に提案したのかっていう理由なども記載するようにしています。

 

あらかじめ、テンプレートを作っておくと便利ですが、ただ使い回すのではなく、提案に合わせて、アレンジを加えてみましょう。

 

・自分がどんなライターなのか

・なぜ提案したのか

・採用されたらどんな長所を生かして、どんな風に仕事をしていきたいのか

・連絡がとれる時間帯

・今までの経歴やライターとしての経歴

 

など。

 

募集要項に◎◎について記載してください!とある場合は、そちらも忘れずに。

 

仕事についての意気込みや誠実さが伝わるように作成しています。

 

ライターとしての経歴は、私の場合匿名記事が多くポートフォリオとして使える記事があまりないため、サンプル文を添付しています。

 

口調も、ですます硬め~とか、フランクなブログ風とか…。テイストが違うサンプルがあれば更に良しです。

 

ただ、盗作が怖いので、画像形式にしておくとか、ランサーズ上のポートフォリオを見てください~と提案しても良いと思います。

 

経歴も重要ですが、どんな文章を書くライターなんだろうっていう部分が明確であれば依頼もしやすいです。

 

 

提案についてはこんな感じでしょうか(・ω・)

 

うむ。

 

あとは採用されたら全力でお仕事をします。

お仕事も文章力があればいいというわけでもないですよね。

当たり前のことですが、

 

・納期を守る

これ、大事です。なるべく早めに納品しています。

ないに越したことはないのですが、修正がある場合にも余裕を持って対応できるからです。クライアントさんによっては納期を「完納日」に設定しているので、納期当日に提出して、せかせか修正しなければならない!なんてことを防げます。

 

鮮度に特化している記事以外、早め早めで納品します。

修正にも対応してはじめて報酬が発生します。

 

・レスポンスも早めに!

 

これも。

兼業さんは、お仕事の時間などでなかなか返信できないこともあるので、対応できる時間をあらかじめ伝えておいたり、スマホでサイトを開けるようにしておくとか、チャットワークを使用するとか工夫しておくと良いかもです。

私はスマホでチャットワークのアプリをDLしています。ランサーズのお知らせメールもスマホに届くようにしているので、出先でも確認でき便利です。

 

 

・意見を交換できると良いです

 

クライアントさんと、もっとこうしたらいいね~とか、ああしたほうが見やすいかな?とか、意見を交換できる関係になれればもっとお仕事が楽しくなります。

自分のサイトを作っているような感覚でお仕事してると、品質向上につながります。

 

あとは、コツコツ。コツコツです。

人それぞれやり方も違うけど、コツコツ積み重ねていくことは共通点だと思います。

 

前のめり、根性!体育会系!!!

 

みたいな感じでお仕事しています。

頭が良いわけでも、資格を保有しているわけでもないので、根性だけでは負けないように心がけています。

 

なんだか偉そうな書き方になってしまった気がするのですが、これからクラウドソージングに挑戦したいという人向けに書いてみました。

 

私もまだまだポンコツヘッポコなので、何かコツがあればアドバイスください。

 

おしまい。