読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーボーママの在宅ライター備忘録

待機児童を抱える主婦×在宅フリーライターです!ライター業のこと、子育てのこと、ランサーズのことetc.▼お仕事は随時受付中です!hataguchi424あっとgmail.comまでお問合せください▼

【思ったこと】誰かに期待すること

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150403156296_TP_V.jpg

 

週末に法事があるので帰省します。

 

3時間くらい移動時間がかかるし、帰ったら帰ったでバタバタしそうなので、今日は朝から気合い全開モードで1,7000円分の記事を執筆しました。

納品してフィードバックをいただくまでの時間がものすごくハラハラします。

満足してもらえたようで、一安心(´・ω・)

 

そういえば最近、Twitterでとても興味深いブログを発見しました。

 

nao2205.hatenablog.com

 

七尾さんのブログです(●´ω`●)

 

私が唯一誇れる自分の長所はへこたれないことなのですが、この長所こそが災いの元になりました。

 

過去を振り返ってみても…

 

 

 

うぁあ、なんであんなカスな奴と付き合ってたんだ!

 

と、思うことばかり。

 

ブログを読んでいても、うんうん、とってもわかる!と、共感の嵐でした。

幸いにも私はそんな過去を酒のツマミぐらいに思っていますし、トラウマに襲われる時期も通り過ぎました。

 

ただ、DVが残す傷跡って精神的、肉体的な部分だけでなく、今後の価値観にも大きく影響するんですよね。

 

最初から誰かに何かを期待する。とか、アテにするっていう感覚が薄れてきたような気がします。

 

 

誰かをアテにするより自分でやった方が早い。

 

私がDV男子と関わって、大きく変わった部分です。↑

 

無責任、理不尽、バイオレンスな男子と付き合っていたとき、自分が期待して痛い目を見たことが多かったからです。

 

自分もあほだったので、すごく恥ずかしいですが激しく喧嘩したあとに必ず言うこのセリフ…

 

『もうしない』

 

この言葉自体に期待することがばからしい。

その言葉を信じ続けてたらきっと死んでましたよ。

 

何億光年先の話をしていたんでしょうね。

 

 

DVって大げさな!と言われますが、道端で喧嘩になったときも、おまわりさんに被害届を提出するように勧められたレベルです。

 

当時の私に会えるなら、納得するまで往復ビンタを食らわせたい(´_ゝ`)

 

 

 

 

今の旦那もなかなかの変わりものです。

 

自営業なので収入も安定しません。

毎月何円稼いでくるのか見当がつきません。

赤ちゃんと同じくらいお昼寝もします。

お金も使います。

 

安定した職に転職してもらうより、きっと自分でなんとかした方が早いから、ランサーズを始めました。

 

子供がいるからそういう危機感があるのかもしれませんが…。

 

多分DV男子たちに出会わなければ、今の旦那に転職しろしろとグチグチ言っていただろうなと思います。

 

※追記:グチグチ言っていた時期もありますが、状況は悪化するばかりだったので辞めました!

 

正解も不正解もありませんが、もうちょっと根気よく言わないと、この人はこのままなのかもしれない。

 

イケハヤさん的に言うと、まだ旦那に消耗してるの?って感じでしょうか。

 

 

あ、でも義母さんも常日頃、長い年月をかけてグチグチ言ったけど治らないとおっしゃっていたのでうちんちは、褒めて伸ばすタイプなのかも…(ささやかな期待)。

 

でも、良いところもあるんですよね。

手間がかかる部分も助かっている部分もどっこいどっこいだと思うし。たぶん。

 

 

収入が夫婦喧嘩の原因になるのも嫌ですし、

 

私は家事と子育て!

俺は稼いでる!

 

↑これ、決着付きません。

こんな出来レースのような喧嘩をよくしています。

 

この言葉は子育てしているお母さんの怒りを沸点に達することができる、魔法の言葉なので、世の中のお父さんはくれぐれも使わないように注意しましょう。

 

子育ては家で出来ますが、24時間年中無休ですよ。

 

 

収入の安定が見込めない。

夫婦喧嘩の原因になる。

 

これがとにかく億劫で、今は在宅ライター業を頑張れています。

 

私がしなくては!と思う危機感は子供のお陰かもしれません。

 

誰かに期待しないという妙な価値観はDV男子によって構築されたような気がします。

 

この価値観が夫婦関係に吉をもたらすか、凶ともたらすかわかりませんが、

子供が食いっぱぐれないように、わたし、頑張ります。