読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーボーママの在宅ライター備忘録

待機児童を抱える主婦×在宅フリーライターです!ライター業のこと、子育てのこと、ランサーズのことetc.▼お仕事は随時受付中です!hataguchi424あっとgmail.comまでお問合せください▼

【雑記】地方だからこそ、クラウドソーシングが活かせるのに。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/10201730AME_TP_V.jpg

※画像 ぱくたそ

 

私の実家はむっちゃ田舎です。義実家も同じです。

きっとゆくゆく田舎へ引っ越すと思うんです。今でも月に数日は田舎で仕事してます。

 

 

実家が田舎にあるから、田舎の良さと不便さってすごいわかるんですが…。

 

保育園に預けれても、お仕事を見つけるのが難しいんですよね。

 

同い年くらいの友達は、お仕事を見つけるために職業訓練校でパソコン基礎を受講しています。

 

パソコン基礎のスキルがあれば、土日休みで短時間の勤務もOKだったりする事務職に就けるからとのことなんですが、そもそも雇用も少ないので、競争率が高いんです。

 

そんな状態の中、若者離れを危惧して「地方創生」に力を入れている町議さんも多いのですが、お話を聞いていると

 

「工場を作る!」

 

とか、えらいでっかいスケールなんですよね。

 

 

クラウドソーシングは企業じゃないので、どうせ作るなら町も人も潤う大きな工場とかを作りたいって思うそうです。

 

ぶっちゃけ…

 

 

工場作ってたら何年かかるんだよ。(笑)

 

って、思う。

 

人も潤う!もちろん町も…って欲をかいている間に人は離れていくと思う。

 

クラウドソーシングだって、始める人が増えて稼ぐ人が増えるんなら税金も収めなくちゃいけないし。使えるお金が生まれれば、町に落とすお金も増えるのに、なんてナンセンスな考えなんだろうと思うのです。(すみません。自分の地元のことです。)

 

 

職業訓練校だって、クラウドソーシング講座があればいいと思う。

パソコン基礎を教えている場所で行えば予算もそんなにかからない。

 

色々なノウハウが学べたとしても、需要と供給のバランスが悪すぎるから。

 

何かしらの企業が地方に参入すれば、そりゃアレコレ良くなるけど雇用にも限度がある。

 

だけど、「無限の雇用」っていう可能性を秘めているのがクラウドソーシングだと思う。

 

 

 

 

…って、いう話を実家でしてたら町議に立候補すれば?って言われたのですが、クラウドソーシングの方が稼げそうなので、遠慮しておきます。

 

※嫌味な言い方だけど、地元が好きだからこうやって思ってるだけです。

 

おしまい。

 

 

在宅ライターはどうやってお仕事をゲットしてるの?直接契約のポイントを大公開するよ!

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PIYO0I9A6015_TP_V.jpg

 

私は普段、ランサーズというクラウドソーシングサイトでお仕事を受注しています。

たまにクラウドワークスも…///

 

www.lancers.jp

 

crowdworks.jp

 

クラウドソーシングサイトを介した取引は、

 

・請求書を作成する手間がない

エスクロー(仮払い)システムがるから未払いトラブルのリスクが低い

・その他トラブルに遭遇しても、サイトがサポートしてくれる

 

と、とても便利なのですが、

 

クラウドソーシング以外でも直接契約でお仕事をゲットしたい!」って思っている在宅ライターさんは多いはず。

 

そこで私、オカンライターの後藤が直接契約のときに活用しているツールやポイントをご紹介します。

 

▼在宅ライターがクラウドソーシング以外でお仕事をゲットする方法

 

1.気になるメディアに直接アタック!

よし!クラウドソーシング以外でもお仕事をゲットするぞ!!ってとき、

 

・ライター募集

・在宅ライター

 

って、感じのワードでネット検索をかけていると思います。

 

私も検索しました!検索結果、何ページ捲ったんだろうか。(笑)

 

丁寧にライターを募集しているメディアや企業をまとめてくれている記事もありましたよ。「ライター募集」で検索する人がべらぼう多いってことですよね!

 

liginc.co.jp

 

で、途中で気が付いたのですが、

 

「ライター募集を公表していなくても、好きなメディアにアタックすればいいじゃん。」

 

大抵のメディアや企業はサイトに問い合わせ先やフォームを設けています。

逆に問い合わせ先が記載されていない場合は怪しいです。(笑)

 

ライター募集しているよ!なんて書いてなくても、このメディアで書きたいんだ!って情熱があるのならば、問い合わせ欄から尋ねてみましょう。聞くのはタダです。

 

自分がどこの馬の骨かがわかるように。そして貴重な時間を割いてもらって申し訳ないのですが、ライターは募集していませんかね?っていう感じで。(笑)

 

問い合わせをしたからって100%返信がある訳ではないので、当たって砕けても砕け切らないぞ私は!ぐらいのメンタルでアタックしましょう。

 

ライター募集を公表している場合は、「経歴や志望動機を添えてね!」とか、書かれているので、必要事項を抜かりなく記入し、自分がどんなライターかわかるようにポートフォリオや実績を記載して送信ボタンを押してます。

 

普通のお仕事を探すときでも一緒ですよね。

 

募集しているか不明な企業には直接聞く。

募集しているなら、履歴書を送る。

 

そういう感覚と同じなので、一回挑戦してみるとモヤモヤ吹き飛びますよ~!

せっかくの機会なので、好きなメディアや企業にアプローチする方がいいですもんね♪

 

2. SNSは武器になる

発信するライターのTwitterInstagramのフォロワー数を気にしているメディアもありますし、Facebookを見せて欲しい!って言われることがあります。

 

最近、SNSがキッカケで内定取り消しになった!なんてネット社会らしい話を耳にしますが、SNSってその人を映し出すツールでもあるんですよね。

 

棚ぼた方式かもしれませんが、SNSを見てお仕事を依頼してくださるクライアントさんもいらっしゃるようですし、私も提案するときはブログやSNSを添えています。

 

便利なツールなので、武器になるようアカウントを育ててみるのも良いかもしれませんね。

 

私はクライアントさんにSNSツーツーですが、ペチャクチャ喋ってても納期は遅れないので、困ったことはありません。

 

あと、リアルなお友達がライターやってることをSNSで知って、お仕事を振ってくれたこともあります。

WEB関連のお仕事をしている人って、意外と身近にいるかもしれませんよ~。

 

3.はたらくを面白くするビジネスSNS・Wantedly

 

www.wantedly.com

 

はたらくを面白くするビジネスSNS、Wantedlyでも業務委託ライター(在宅ライター)の募集がアップされていますよ~!

 

Wantedlyはビジネスのパートナー探しや人脈構築のためのSNSで、プロフィール欄を充実させておけば、スカウトがかかることもあります。

 

気になるお仕事の募集は、話を聞きたい!気になる!みたいなボタンを押すだけ。

あとは応募先からの連絡を待つだけです。

 

業務委託ライターの場合、報酬については公表されていないことが多いのですが、メッセージが届いたときに聞けば教えてくれます。^^

 

サイトはあくまで「つながりを作る」役割なので、手数料もありません。

 

Wantedlyのプロフィール欄には、イメージをしていただけるようにランサーズプロフィールのURLを貼っています。

 

Wantedly初心者さんでも、クラウドソーシングでの実績が相手にわかれば、多少なりか安心感につながると思います。^^

 

※業務委託契約でのリスク参考↓

www.lancers.jp

 

 

4.ポートフォリオの提出や、テスト記事をお願いされることがある

これもランサーズを利用する際と共通する部分ですが、直接契約を結ぶ前に、ポートフォリオの提出やテスト記事をお願いされることがあります。

 

テスト記事は無償だったり、報酬が発生したり、企業によって違うのですが

私は「無償で執筆した記事については、著作権を譲渡いたしません」って、ヒトコト添えています。

 

テスト記事でも報酬が発生する場合は、テスト記事であれどお仕事ですが。

と、いうのも無償テスト記事の持ち逃げとかをたまに耳にするので…。

この部分もクライアントさんにお伝えしています。

 

疑心暗鬼になりそうなテスト記事の報酬もありますが、

クライアントさんもライターがどんな仕事をするのかわからなければ、お金を払いたくないと思います。

なので私の場合、いろんなジャンルのポートフォリオやサンプル記事を用意しています。

 

特殊なジャンルでない限り、テスト記事をお願いされることはありません。

 

まぁ、入社試験は無償ですからね。(笑)

全ての無償テストに悪意があるって訳じゃないです。たま~に悪いことを考えているクライアントさんがいるだけなので^^;

 

※どうしてもこのお仕事をしたいんだ!って、ときは無償でテストを受けることもありますよ

 

クラウドソーシングを利用するときも、ポートフォリオやサンプル記事を充実させているのでテストをお願いされることは、あんまりないです。

 

提案がなかなか通らない…と思っている人はポートフォリオとサンプル記事に力を入れてみてください(*´ω`*)

 

サンプル持ち逃げ…怖い!っていうなら、ブログでもいいと思います。

 

 

 5.書類関連はMISOCAかフォーマットで!

「直接契約って請求書の作成が億劫じゃん?」

 

って、人も安心してください。

ご存知の方が多いと思いますが、MISOCAってサービスを使えば、知識がなくとも請求書やらを作れちゃうんです。

 

www.misoca.jp

 

あと、請求書に印鑑をお願いされることがあります。(本当は必要ない作業なんですが…)

 

電子印鑑を作っておけば、MISOCAで作った請求書に捺印できますよ!

 

freesoft-100.com

 

↑こういうの、参考にしてみてください^^

 

頑張ってフォーマットを作っておくのもひとつの手段ですが、MISOCAのが楽ちんかと思います。

 

6.はじめてのお取引は不安がつきもの

 

私たちフリーランスは、自分で自分を売り込んだり、身を守っていかなければなりません…。

はじめてお取引するクライアントさんって、やっぱり不安ですよね。(クライアントさんも同じ気持ちでしょう)

 

クラウドソーシングを使えば、エスクロー機能があるので、報酬未払いのリスクは低いのですが直接契約となるとサイトを介さないので、報酬の管理やお仕事の決まり事を徹底しなければなりません。

 

・報酬(税についても要チェック)

・文字数や修正回数

・作業はどこまでなのか?

・締め日と報酬支払日

 

を、しっかり確認するのはもちろん、支払い後に著作権を移転するなど納得できるようにすり合わせを行いましょう。

 

契約書を発行してくださるクライアントさんもいますが、自分で契約書を作ってもOK!

 

websae.net

 

私は大量発注の場合、着手金を支払っていただいたり、納品を小分けしてお給料を支払ってもらっています。

 

この辺りの対応で、良いクライアントさんかどうか判断してます。

ちょっとでも不安がある場合、質問しましょう。

 

クラウドソーシングで発生する手数料がない分、

リスクは全て自分で背負わなければなりません。

気持ちの良いお取引ができるように、すり合わせしましょう(๑´ڡ`๑)

 

7.直接契約のメリットとデメリットは?

後藤が思う、直接契約のメリットとデメリットは

 

 

▼直接契約のメリット

クラウドソーシングでは出回らない仕事がある

・手数料がかからない

・利用しているクラウドソーシングサイトに何かあったとき、心強い

 

▼直接契約のデメリット

・トラブルは全て自己責任

・書類作成を行わなければならない

 

こんな感じです。

 

「直接契約だったら単価も高いんじゃない?」

ってよく聞かれるんですが、そんなこともないです。色々です。(笑)

 

気になったメディアや企業があれば、とことんライター募集について尋ねちゃう私ですが、ぶっちゃけタスク案件より安い原稿料のメディアもありました。

 

クラウドソーシングは単価が安いって思われがちですが、

文字単価10円!とか、20円!とか、レアポケモンみたいな案件を振ってくれるクライアントさんって、募集をだーーーん!っと出すんじゃなくて、プロフィールを徘徊してライターを見つけてたりするんです。

 

先輩ライターさんのブログとか見てて、そんな文字単価の案件なんかないし~!と思っていたのですが、こっそり出回ってます。

コツコツ真面目に頑張る人にとっては、クラウドソーシングって魅力的なツールです。

 

 

まとめ:直接契約もクラウドソーシングも上手に活用しよう!

 

クラウドソーシングを続けていることに対して、不安になっている人に知っておいて欲しいのですが、Wantedlyでも直接営業のときでも、私はクラウドソーシングでの実績を記載しています。

 

D社のキュレーションメディア騒動で、マイナスイメージを抱いている人が多いんじゃ?と思いがちですが、直接契約を結んだクライアントさんの中には、

クラウドソーシングでの実績を見て依頼しようと思った」と言ってくださることもありました。

 

あと、「クラウドソーシングは稼げない!」みたいなイメージは根強いので、

 

「え?クラウドソーシングでこんなに稼げてるの!?私もやったことあるんだよね~!」みたいな面白いリアクションをいただけたこともあります。

 

クラウドソーシングを使っていようが、直接営業をしていようが、ライターとしてお仕事をしていることには変わりないです^^

 

どっちが良いとかもないけど、いろんな方法で営業ができた方が、何かあったときに心強いですし、お仕事の幅も広げていけるんじゃないかな?って思います。

 

思いついたことをババーっと書いたので、また何かあったら追記します~。

 

  ※ちなみにクラウドソーシングサイトで契約したお仕事は、直接契約NGです!クラウドソーシングを介してお取引しましょう。

働きに出れないお母さん、ライターっていう働き方もあるよ。

クラウドソーシングサイト、ランサーズを利用しはじめて早7ヶ月目。

 

0歳(当時9ヶ月?)だった娘も1歳半年になろうとしています。

2016年はオカン1年生、クラウドソーシング1年生。

1年生の1年だったんだなーと今更ながら振り返ってみたり(遅い)

 

「他のライターさんと繋がりたい~」と思って、ライター用のTwitterアカウントを作ってから、たくさんのライターさんと交流する機会が増えたのですが、

リアルで(本気に)ママ友とか居ない&出来ない私は、

子育ての先輩である、ママライターさんの姿に励まされてます。(あと、子育てのことで、色々相談できて嬉しい!)

 

って、ことで、これからランサーズとかクラウドソーシングを使ってみよう!って思っているママさんや、もう使ってるよ!って、ママさんにもおすすめしたい、子育てママライターさんたちのブログを(勝手に)紹介したいと思います★※順不同!

 

子育て中のライターさん必見のブログを勝手に紹介するよ!

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKI150321140I9A4406_TP_V.jpg

画像:ぱくたそ

▼吉見 夏実さん

 ランサーズを始めるキッカケになった、ライターさん!

何回ゆーてんねん!って感じだけど、吉見さんが出演していたバイキングをたまたま見て、「ランサーズやってみよ」って思ったのです。

Lancer of the Year2015ママランサー賞を受賞されていたり、

Webライター講師をされている京都のお姉さん。

 

www.yoshiminatsumi.com

 

 ▼yokoさん

 

妻であり、母であり、会社員であり、ライターであるyokoさん。

四足のわらじて、すごすぎるw

現在は専業ライターを目指して日夜奮闘されています。

とても丁寧な物腰のTweetに素敵なお姉さんだなぁ~と、目をキラキラさせながらウォッチングしています。(笑)

見習うぞ!!!!

 

yoko-web.com

 

▼林 加奈さん

 

保活中のママライターさん!

ライター関連はもちろん、「保活事情」についてリアルタイムに更新されています。

子育て中のライターさんって待機児童問題を抱えている人も多いと思うんですよね。

私はまだ、本格的に保活をはじめていないので、加奈さんのブログでイメージを膨らませています。

 

hibikoreyarakashi.seesaa.net

 

▼こじっぺさん

Webライターからリモート社員(!)になられたこじっぺさん。

みなさん、いろんな道を切り開いていてすごい…!!

ジジ専年上男子萌えとのことで、勝手に親近感を抱いています。(すみませんw)

Twitter&ブログともに、痛快な言葉が心地よいです。

 

www.kojippe-club.com

 

▼かのぽむさん

かのぽむさんも、2人のお子さんを育てながら、ライターとして活躍されています。

誰もが遭遇するであろう、クラウドソーシングでのトラブルも赤裸々にお話されているので、勇気づけられること間違いなしです^^

「あーーーーーーこれ、あるある!!」って、頷きながら読んでますw

 

kanopom.hatenablog.com

 

▼七尾 なおさん

 七尾さんも、在宅でライターをされている子育てママさん。

旦那さんの話や、過去の恋愛についてのブログを読んでいると、

「あれ?どっかで聞いたことがある話だぞ?(私のことだ)」ってなるほど、共通点が多くて、励まされています。(笑)

 

nao2205.hatenablog.com

 

▼カリノさん

お子さんが同じ歳!

カリノさんのブログで、みんなのはじめてがリサーチされています。(笑)

この記事、とっても面白かったです!^^

ブログはじめたいけど~…って思っている人は、カリノさんのこのブログ、読んでみてください!!Twitterによくいるライターさんのはじめてが読めちゃいますよ♡

 

karinowaka.hatenablog.com

 

 

 

▼yuzukoさん

2人のお子さんを育てながら、ライター業をされているyuzukoさん。

どうやってお仕事されているんだろう?と毎度、不思議になっています。

ふんわりとした優しいイメージ!^^

サロン内では、(勝手に)yuzuko姉さんと呼んでます。

 

yuzusizu.com

▼RIKKAさん

とにかくブログが面白すぎる…。

私が説明すると拙くなってしまいそう。(笑)

 たまに顔を出すゲスい部分に食いつき気味な私をお許しください…。

 

 

rikko.hatenablog.com

 

▼LOAさん

LOAさんは、カナダで子育てしているママさんです!

英語はほぼノリと勢いでしか話せない私ですが、LOAさんのブログを読んでいると、海外生活への憧れが溢れ出してしまいます。(笑)

カナダ・モントリオールへの移住を視野に入れている人は必見!

なかなか得ることのできない、リアルな情報が盛りだくさんです。

www.canadadekurasu.net

 

本当はまだまだ、紹介したいブログがあるのだけど。

私のパソコンの中に、書き溜めているのです。

いや、これいつまでたってもアップできないやん~!ってなったので、気まぐれで更新していこうと思います。(ごめんなさい…)

 

ママ+ライターとヒトコトで紹介しても、人それぞれライフスタイルも考え方も違うので、いろんなモデルがあると良いなって思うんです。

 

共通点が多いからこそ、改めて考えさせられる部分があったり、 自分に接点がないからこそ、得るものがあったり。

 

 

妊娠、出産、子育て、の一連で、外に働きに出れない人が多いのは絶対言える!

 

そんな悩みを抱えている人が、クラウドソーシングをはじめてみたい。と思ったときに、ちょっとでも役に立てればなーと思っているので、元気がある限り、随時更新していきます!!!えいえいおー。

 

 

 

新年一発目に子供が教えてくれたこと

f:id:aiai1992:20170102204020j:image

 今日は一番星?とお月様が仲良しだった。

 

こんばんは。連続する胃腸炎からようやく復活してきました。

 

30日から義実家&実家に帰省して、のんびり天国を味わいながら元気にお仕事!

 

本日大阪に帰ってきて、家業の店は初売りでした。

 

ちなみに私の初買い物は、わなかのたこ焼き30個!

お正月ムード全開のアメリカ村は子供連れのお客様も多くて、娘はお姉ちゃんやお兄ちゃんにたくさん遊んでもらったよ!

 

言葉をまだ知らない?(理解はしているかな)1歳児の娘と、舌っ足らずな可愛らしい2語を話すお姉ちゃんやお兄ちゃん。(多分2~3歳くらいかな?)

 

目があった瞬間、両者爆笑。

特に会話を交わすわけではないのに、追いかけっこをしたり、抱きしめたりして遊んでいました。

初対面なのにすごいね子供!

 

一発の笑顔でグンと縮まる距離。

訳はないだろうけど、ずっとゲラゲラ楽しそう。

そんな子供たちの姿を見ていると、オトナってなんて頭でっかちな生き物なんだと思う。

 

ライター業な私が言うのも変な話だけど、言葉は必要ないのかもしれない。

 

言葉がパンパンに詰まった頭じゃ感じることができない何かがあるのかも。

 

海外に行ったときにも、こんな気持ちになったかな?

 

たどたどしい中学生(いや、下手すれば小学生)レベルの英語と、クセのあるネパール圏の英語。

 

言葉だけじゃ伝わらなくて、悪戦苦闘したけれど、自然と大事なことは心に響くんですよね。

 

「どこにいても、どんなに悲しくても笑顔だけは絶やすな!それさえあれば上手くいくさ。」

 

旅行中、祖父の死に目に会えず、海の向こうでシクシクしていた私に、インドのおっちゃんはこう言った。

 

新年一発目、ふと子供は頭でっかちな私に言葉の向こう側を教えてくれた。

 

今年も宜しくお願いします!

 

 

 

 

 

走り去る2016年と、追いかけてくる2017年に思うこと

f:id:aiai1992:20161229031211j:plain

 

近所のスーパー、Xmas特設コーナーがなくなった途端、お正月特設コーナーに早変わりしてました。

 

このめまぐるしい感じ、年の瀬!!!

 

2016年は、ランサーズをはじめて「うおおお私働いてるじゃん!」って実感した1年になりました。

 

娘を妊娠中の頃から、お金のことやら、お仕事のことやら、

あれやこれやと考えて落ち着かなかったなー。

 

お金を稼がなければ非常にまずい状態にあったので、悩みと行動が伴っていないくすぶり期間を堪能していました。

 

そんなくすぶり期間堪能中に、たまたま

吉見さん(吉見夏実@webライター・講師 (@NatsumiToshi) | Twitter)が、出演されていたテレビ番組を見て、クラウドソーシングに登録しました。

 

メインとして使っているサイトはランサーズです。

ランサーズに登録したのが6月でした。

 

www.lancers.jp

 

ほんのり走り去る2016年を振り返ってみます。

 

とにかく「やってみる」に挑戦できた

もともと、超絶フリーターだったり、自分で物を作ったり売ったりやらでお金を稼いでいた時期もあったので、「新しい働き方」には抵抗はありませんでした。

 

登録したての頃は「本当にお仕事になるんだろうか?」と半信半疑だったんです。(笑)

 だけど、まずは「とにかくやってみる」。

 

とにかく、フリーライターに挑戦して半年。

 

クラウドソーシング以外でもお仕事をいただけるようになったり、

収入もアップしたり、

SNSを通じてたくさんのライターさんと繋がることができました。

フリーライター&在宅育児という引きこもりやすい肩書きが見事揃っている私ですが、フリーライターを始める前よりも人と触れ合う機会が増えたような。(笑)

 

あと、マツオカさん(マツオカミキ*フリーライター (@matsuo_mk) | Twitter)さん主催のサロンにとってもお世話になりました!

 

クラウドソーシングを利用しているライターさん同士で、意見や情報を交換できます★

 

synapse.am

 

 

いつもお話してくれる皆さん、ありがとうございます★

 

家庭環境、まじで落ち着いた…

 

クラウドソーシングに登録する前は、携帯代を稼ぐのがやっとだったし、働きたいけど働けないし、お金がないのは苦しい~!みたいな悪循環が続いていたので、ギャンギャン言ってしまうことも多かったんですよね。 でも、今は働けるようになったし、金銭面も以前よりは安定してきたので、ギャンギャン言ってしまう機会が減りました。あー、頑張ろう!本当に感謝。

 

月収30万円の壁に到達できた!

走り去る2016年。

ランサーズだけでなくWantedlyに登録したり、直接営業をかけながらお仕事を受注していました。

 

www.wantedly.com

 

ランサーズでフリーライラーを始めた6月は、手取りで7万円届かないくらいだったけど

 

▼12月の総報酬額

クラウドワークス

f:id:aiai1992:20161229031306p:plain

※ランサーズ

f:id:aiai1992:20161229031243p:plain

f:id:aiai1992:20161229031253p:plain

※その他業務委託

・A社 ¥118,000

・B社 ¥5,400

・C社 ¥5,456

・D社 ¥5,400

・E社 ¥17,000

 

合計 ¥321,272

 

月収30万円達成できました!!

業務委託のお仕事は入金までに1ヶ月程度かかります。

 

そう思えば、ランサーズとかクラウドワークスの入金ってすごいスピーディーですよね。請求書を作成しなくてもいいですし。クラウドソーシングって本当に便利なシステムだと思います。

 

追いかけてくる2017年に思うこと

 

 2017年はオカン業というやつが更に忙しくなりそうな予感。

娘も大きくなったので、とってもアクロバティックです。

 

子供を抱えながらお仕事をするってことに、歯がゆさややりきれなさを感じる瞬間もあるけれど、テレビで大家族スペシャルを見て、まだまだ伸びしろはあるなと痛感しました。

 

思い通りにならないのが当たり前。

 

今もパソコンの向こう側から、風船を膨らませてくれ!とせがむ娘のために風船を膨らましました。

 

向かい合わせで風船を膨らませていると、

風船が大きくなるたびにニヤニヤする娘の表情が面白すぎる!!(笑)

面白すぎてなかなか膨らませないし!!!

 

手がかかる分、面白いこともたくさんあるんですね。

 

イライラする日もあるだろうけど、お仕事も娘との時間も大切に過ごしていきたいです。

 

ちなみに目標…は、

  1. 娘を一時保育に預けてみる
  2. 家族3人で国内旅行
  3. 環境変わっても収入落とさない
  4. 体重増やさない
  5. ○○の分野に挑戦する!
  6. 文字単価20円案件、頑張る!
  7. カードローン完済
  8. 200満点もらえるような記事を書く
  9. 引っ越ししたい
  10. 義母に親孝行したい

 

んん?目標というかやりたいことリストかな?

 

フォロワーさんがやりたいこと100個見つけるといいってお話をされていたけれど、根本的に貪欲なので、100個すぐ見つかりそう。書いてみよう。

 

追いかけてくる日々を全力でぶっちぎる勢いで2017年も精進するぞーーーー!

 

皆様、来年も宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

Lancer of the Year2017が開催されるみたい!

f:id:aiai1992:20161223210945j:plain

※画はホリデー定食。どっさり。

 

いつも利用しているクラウドソーシングサイト、「ランサーズ」が1年に1度開催している「Lancer of the Year」。

 

Lancer of the Yearは

スキルや経験を活かし次世代ワークスタイルの
ロールモデルとなる個人を表彰するイベント

 だそうです。※参考サイトはこちら

www.lancers.jp

 

受賞しなくとも行ってみたいなと思っていたイベントなのですが、

 

Lancer of the Year2017の受賞候補にノミネートしたとの連絡を受けました!!

 

び、びっくり!!!まじかよ、私も候補に選んでくれるの!?ギャッホオウ~♪

 

SNSで繋がっているランサーさんたちの間でも、話題となっていました。

凄腕フリーランスの方がたくさん候補として選出されているようなので、受賞は出来ないかもですが、受賞候補に選んでもらえてとても嬉しいです。

 

大人になると、こういう機会がめっぽう減ってしまいますもんね。(笑)

そうです、私は褒められると頑張れる申年です。ウッキー!

 

そういえば、キュレーションメディアの一件で、クラウドソーシングのネガティブな部分がクローズアップされやすくなったように感じています。

 

 

すごい番組名!

クラウドシーシングの闇」について特集って底知れぬ悪意を感じますよね。(笑)

 問題の根底をぼやかしているような。(笑)

 

確かに、クラウドソーシングでは地雷クライアントがいることも事実。

そして地雷案件を受注してしまうフリーランスがいることも事実。

 

いろんな方向から賛否が飛び交っていますが、

「新しい働き方」として注目されているクラウドソーシングの最大の特徴って、

「自分で仕事を選べる」ことだと思います。

 これはクラウドソーシングが可哀想!守ってあげたい!とかではないけど(笑)

 

地雷案件や割に合わないお仕事をわざわざ選ぶ必要はないし、もしも選んでしまったらお断りすればいいだけです。

 

クラウドソーシングに限らず、良い会社と悪い会社があるように。

ただそれだけの問題だと思うんですよね。

 

自分で選べる働き方だからこそ、しっかり選んで、判断する。

 

極端な例えだけど、

 

「ハーローワークで紹介してもらった中から選んだ職場なのに、最悪な職場!給料も安い!」

 

「就職率が高いから入学した学校を卒業したのに就職できない!」

 

って、なったとき、ハローワークのせいにしますか?学校のせいにしますか?

 

ね、 ね、 ね!!

 

もちろん労働基準法に違反していたり求人情報に著しい誇張がある場合は、労働組合に相談するべきだと思います。

 

ランサーズも「品質向上委員会」が設立されたので、おいおいって思う案件やクライアント、ランサーについて相談できるようになりました。徐々に地雷案件も減っていくのではないでしょうか?

  

 

改善点もあるけど、クラウドソーシングが悪い!闇!っていうんじゃなくてね、

「マナー違反のレギュレーションでバンバン格安のお仕事をばら撒く、ブラック企業がまだまだ生きている」

っていう部分を忘れちゃダメな気がします。

 

最近ではクラウドソーシングから飛び出して、お仕事をすることもあります。

ただリアルの世界にも、どぎついお仕事はゴロゴロ転がっています。

お仕事にきな臭さを感じたら、サヨナラしてもアリなんですよ。(私だって地雷踏んだことあります。)

 

フリーランスという言葉って、キラキラ輝いて見えがちだけど、実際のところキラキラとはかけ離れています。「新しい働き方」は「楽な働き方」ではないですよ。

 

だけど子供が絶賛!待機児童な今の私には向いていると思っています。

 

お化粧しなくていいし、通勤もないし、自分でスケジュール組めるし、頭と手が動けばどこでもお仕事できるから。(笑)

 

クラウドソーシングに出会わなかったら、きっとカリカリ余裕のない生活をしてたでしょうし、クラウドソージングでの実績があるから、色々な企業に営業をかけれるようになったんだし。

いや、ほんとう、お仕事してなかったら、夫婦関係もギッスギスだったと思う。想像したくないな~。恐ろしや~。

 

あちこちに話が広がっちゃいましたが、「モノは使いよう」ですよ!(このまとめ方は荒っぽいかもwすみません!)

※物は使い方ひとつで、役に立ったり立た なかったりするものである。

 

せっかく選択肢のある新しい働き方なんだから、思いっきり選んでみるのもアリかなと思った私なのでした。

なんだかザワザワしているフリーライター界隈ですが、このザワツキも必要だと思います。こうやって周知されることで、ブラック企業の地雷案件が闇に葬られますように。

ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

ひとりで銭湯の幸せを噛み締める。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTEL86_daiyokujyou20150125014514_TP_V.jpg

ぱくたそ

 

子供ができるまでは、ものすごいスパンで銭湯に行っていました。

 

なんのために入っているんだか、よくわからないけれど、

灼熱のサウナで全身の毛穴から、得体の知れない「悪いもん」が流れ出す感じ。

あれが好きなんですよ。

 

あと、銭湯から上がって飲む、生ビール。最高。

悪いもんをカラダから流しだして、またお酒を飲む矛盾感。最高。

そのまま喫煙ルームにいって、のんびりビールを飲んでタバコを吸うです。ああ、最高。

 

ひとりだからできる、至福のひとときです。

一週間に1回でいいので、ひとり銭湯させてもらえれば、お仕事の効率も上がると思うんですよね。

思い返してみれば、小さいときから銭湯や温泉が大好きです。

我が地元、岡山には川湯(川沿いにある露天風呂)があったり、池田藩が疲れを癒やしていた秘湯があったり。

温泉好きにはおすすめしたいです、岡山。

 

小さい人との生活で、制限されることは多々ある。

例えばお仕事もそうだし、お出かけも。あとは夜遊びと美容室かな。

だけど、その分、こうやってひとりで出かけれる時間の幸せが倍増しているような。

制限されるっていうと、ネガティブかもしれないけれど、

ずっと続く訳ではないし、私んちは娘なので、老後はきっと旦那とふたりだ。

 

期間限定の制限に、歯がゆさを感じながらも、

歯がゆさ以上に「ひとりの時間のありがたみ」みたいなのもあるんだし。

子育てが終わってしまったら終わってしまったで、寂しさも感じるんでしょうね。

ないものねだりって標準装備されているのかも。

 

そういえば、とある企業さんとお話していて、

 

フリーライター以外だったら何がしたい?一緒に働いたとしたら、どんなことがしたい?」

と、お話していて、そのときは

 

「う~ん。今の現状では働きに出るってことが難しいけれど…

こういうことはやってみたいかな。」

と答えた。

 

お話が終わって、ひとりで考えていたら、

そういうのも楽しそうだな!アリだな!という気持ちになっていた。

 

フリーランスにこだわっているの?」と聞かれるけど、

そんなこともないような。

現状がフリーランスという働き方に合っているだけなんですよね。

おもしろいこと、考えていきたいな。20年後の自分がやりたいことは、地元にあるんです。

 

ずっと思っていたけれど、あやふやだったあれこれに、色をつけよう。

 

また来週も銭湯に行けるように、ぼちぼちやろう。ぼちぼちね。